ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

待合室の照明

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

お子さんたちの夏休みもいよいよ終わりですね。

薬局勤務の方は交代で休まれる場合があるので、これからの方もいらっしゃるでしょうね。

 

先週の続きで、待合室ゾーンについて書かせていただきます。

 

本日は、設置する備品から少し離れるかもしれませんが

最近、気になっている「照明」についてです。

 

みなさんも聞いたことがあると思いますが、

節電効果が高いとか寿命が長いのでお得とか言われている、「LED照明」です。

 

最近のはどうなのか分かりませんが、仕事帰りに他の薬局さんの横を通った時や

患者としてお邪魔した時など、暗く感じるのは私だけでしょうか?

 

本を読むことが多いので、照明はどちらかというと明るい方が好きな私ですので

余計に暗く感じてしまうのでしょうか?

 

薬局開設の時は、明るさの基準もあるので、照度計をお借りして

夜の薬局の明るさを計測するのも一計ですよね。

 

職員も暗い薬局で働くよりは、明るい薬局の方が仕事の効率も向上すると思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

2014.08.27 | 薬局開設 | コメントはまだありません

待合室の備品購入

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は「備品の購入」について考えてみます。

 

薬局を開設するにあたり、本当に多くの備品を購入しました。

大きく分けて

① 待合室ゾーン

② 受付事務ゾーン

③ 調剤室ゾーン

④ 休憩室ゾーン

⑤ その他のゾーン

 

金額の高いものでは、自動調剤分包機(数百万円)やレセプトコンピューターがありました。

逆に金額の低いものは、消しゴムやお釣りトレーなどの100円以下のものもあります。

 

購入したリストを保管しておくと、2軒目の薬局を建てるときに時に役に立つと思います。

 

当社のFC制度をご利用される場合は勿論、全ての備品について

アドバイスをさせて頂きますからご安心ください。

 

本日は①の待合室ゾーンについて書かせていただきます。

待合室ゾーンは、読んで字のごとく、患者さんが薬が出来るまで待っていただくスペースです。

 

私が気をつけているのはパーソナルスペースという概念です。

人にはそれぞれ許容範囲というかリラックスできる他人との距離があるそうです。

ですので当社の薬局では長椅子を使用せず、1脚ずつ独立した椅子を使っています。

予算に余裕があれば、肘掛のついた椅子をお奨めします。

より患者さんのパーソナルスペースが確保できるからです。

 

その他に、当薬局では、ウォーターサーバーを置いています。

雑誌なども置いていますが、お奨めは以前書かせていただいた「もふもふシリーズ」です。

 

他にも書きたいことがありますが続きは来週です。

最後までお付き合いありがとうございました。

2014.08.20 | 薬局開設 | コメントはまだありません

患者数の季節変動と組み合わせ

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

夏休み真っ盛りですね。

お子さんがいらっしゃるご家庭では、昼食の準備などで普段よりも忙しくて、

そろそろお疲れモードではないでしょうか?

 

そんな夏休みも残りあと僅かです。あと少しだけ頑張りましょう。

 

本日は、患者さんの数の季節変動と組み合わせについてお話しします。

 

当薬局の場合、全ての薬局が精神科メインですので、

1日の平均枚数が季節ごとに変わることは、他の診療科に比べて少ないようです。

 

例えば、皮膚科さんは夏場に患者数が増えますが、冬場はやっぱり若干少なくなります。

(昔に比べると数の差は縮小傾向のようです。)

冬場も暖房がきいていたり、乾燥肌や敏感肌の患者さんがみえるそうです。

 

内科さんは逆に冬場に増えて夏場に減る傾向ですよね。

耳鼻科さんは春に増えますよね。

 

当たり前のことを書いていますが複数の薬局を経営される場合、

どの診療科目をメインにするのか?

どの診療科目を組み合わせるのか?

これらを頭の片隅に置いておかないと、後から少し後悔するかもしれません。

 

例えば、同じ診療科目の組み合わせだと使う薬が結構、一緒だったりして

店舗間で融通し合えるメリットがあります。

 

違う診療科目の組み合わせでは、患者さんの数の変動を上手く調整できる可能性があります。

内科メインの薬局と皮膚科メインの薬局を経営すれば、

患者数の落ち込みを軽減できるメリットがあります。

 

また、職員の配置なども工夫次第では上手く活用できると思います。

 

2軒目の薬局を展開される時は是非、一度検討してみてください。

最後までお付き合いありがとうございました。

2014.08.13 | 薬局開設 | コメントはまだありません

1 / 212

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)