ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

人材確保戦略(3)人材流出の防止

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

2週続けて人材確保について書かせて頂きました。

今週は最終回です。

 

人材確保について思いつくままに色々と書いてみますね。

 

私は出来るだけ多くの人で仕事をしてもらうように意識しています。

少ない人数では有給が取りづらかったり、

仕事の量が多く、個人の負担が大きくなります。←転職したくなります。

 

次に意識するのは、やっぱり職員との会話です。

ある薬局の経営者は、お店にあまり来なくて

職員と会話されることは殆んどなかったそうです。

そういうお店で働く職員は、改善点の提案や不平不満、

色々なことを経営者にお話しをする機会がなく、悶々とされていたようです。

こんな事が積み重なると、辞めたくなるのも分かる気がします。

 

他には、法令順守することを意識しています。←当然ですが

面接をしていて辞める理由を尋ねると

「約束が違った」とか「給与がいい加減だった」とか話される方がみえます。

多分、口約束だけで入社をされたと思いますが

やはり、雇用契約書でしっかり確認をとるべきだと思います。

 

当社の場合は、面接の時に出来るだけ社会保険労務士の同席をお願いしています。

給与や待遇などでいい加減な対応をすれば、辞めたくなるのも当然です。

 

色々、書かせて頂きましたが

「人材確保」よりは「人材流出防止」の方がしっくりくるような感じになってしまいました。

経営者の方は痛感してみえると思いますが、

人手が足りない→募集をかける→問い合わせの電話対応→面接→採用

→社会保険手続き→備品購入(白衣、印鑑等)→教育

他にもありますが正直、面倒くさいです。

辞める人が多い会社は辞める人の分の手続きも増えるので

もっと面倒くさいと思います。

 

良い会社では、辞める人が少なく、安定したパフォーマンスを発揮していただけるのではないでしょうか。

 

そんな会社を目指しています。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.04.22 | 薬局経営 | コメントはまだありません

人材確保戦略(2)家庭環境に合わせる

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

今週は先週からの続きで人材確保 戦略②です。

先週は「優秀な人に合わせる。」でしたが、今週は「家庭環境に合わせる」です。

 

ある職員を採用する時ですが、お子さんが小さかったので、

保育園に連れて行った後に出社したいと希望されました。←よくある話ですよね。

そうすると当社の出勤時間に間に合わなくなってしまいます。

 

他の職員に相談したところ

「お子さんが小さい時は仕方ないですね。」

「小学校に上がるまではOKです。」

 

前向きな意見が多かったので、この職員を採用することが出来ました。

入社できた職員も先輩職員の温かい気持ちを知っているので、

一生懸命に働いてくれます。

その時のお子さんも今では小学校の高学年になっています。

あの時に他の職員に相談して良かったなと思います。

また、入社した職員も長く働いてくださり良かったなと思います。

 

以前にも書かせて頂きましたが、「家庭環境に合わせる」為に

当社では、有給休暇を0.25日単位で取得することが出来ます。

0.25日=2時間です。

 

当社の場合、終業時刻は午後5時ですので、午後3時になったら帰ってもOKです。

 

授業参観には間に合わないでしょうが、

家庭訪問や三者懇談会には十分、間に合います。

家庭環境に合わせて就業規則を変えることが出来るのは

小さな会社のメリットだと思います。

 

職員の家庭環境に合わせて長く働いて頂きましょう。

 

続きは次回に・・・・・・・

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.04.15 | 薬局経営 | コメントはまだありません

人材確保戦略(1)優秀な人に合わせる

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

新年度がスタートしました。

大きな病院やチェーン薬局には、新卒の人がたくさん就職されたことでしょう。

ただ、当社の様な小さな薬局では、なかなか新卒は入ってきません。

薬剤師国家試験の合格率も昨年と同様に芳しくありませんでした。

 

薬局業界は人手不足業界です。

 

何となく愚痴っぽくなってしまいましたが、

ここから当社の様な小さな薬局の戦略を考えてみます。

 

第一に「本当に薬剤師は居ないのか?」という素朴な疑問について、

私なりに答えを出すと、

「薬剤師は世の中に流動的に存在する。」と考えています。

 

一般的には新卒の30%前後が3年以内に転職をしています。

薬剤師業界に限っていえば、もっと多くの人が転職していると思われます。

ということは若い人も含めて多くの薬剤師が転職先を探している状況です。

当社に面接に来た方の職歴をみてみると、

30代、40代の方で何回か転職された方は沢山いらっしゃいました。

 

ですので、薬剤師の転職予備軍は結構、存在すると思います。

当社の場合、すぐに辞めてしまう人も居ましたが、

残っている人は長年働いて頂いています。←優秀な人々です。

 

そこで、当社の人材確保 戦略① 「優秀な人に合わせる。」

優秀な人に仕事の質や評価、給与などを合わせると、

優秀でない人は努力をして優秀になるか辞めていきます。

 

優秀でない人でも辞められると瞬間的には辛いのですが

優秀でない人が長く在籍できる環境(仕事の質や評価など)では

優秀な人が辞めていってしまうのでもっと辛くなります。

ですので、優秀な人に合わせて長く働いて頂きましょう。

 

折角、入社してくださった優秀な人を手放さないことが重要だと思います。

(入社した方を転職予備軍にしないことですよね。)

 

続きは次回に・・・・・

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.04.08 | 薬局経営 | コメントはまだありません

1 / 212

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)