ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

本の紹介『禿鷹の城』

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

9月最後のブログです。

 

先週はシルバーウイークということで薬局関係者は4連休、

一般企業にお勤めの方は5連休、私の住んでいる豊田市の

世界的企業トヨタはただの土日休みでした。

(トヨタの夏休みは10連休?位なので今回はちょっと嬉しかったりします。)

 

そんなシルバーウイークの私の過ごし方ですが久しぶりに

しっかり本を読ませていただきました。→色々なジャンルを合計3冊

 

本日、ご紹介するのは

写真1-3

荒山 徹 (あらやまとおる)著

禿鷹の城 (はげたかのしろ)

 

時代は豊臣秀吉が全国統一をしたあたりです。

 

ご存知の方も沢山見えると思いますが文禄・慶長の役といって

当時の明(今の中国)を攻めに行った時のお話しです。

(実際には朝鮮半島で中国・韓国連合軍と戦い中国本土までは行けませんでしたが。)

 

この本の珍しいところは

韓国サイドに立ってストーリーが展開するところです。

 

今まで読んだ本は加藤清正や小西行長、石田三成などの戦国武将が

クローズアップされてますがこの本は韓国の僧侶たちが主人公です。

 

敵役?は小西行長です。

かなり悪役に書かれています。

 

実際にあった「幸州山城の戦い」を書いているのでリアリティがあります。

 

この作者の本を読むのは初めてですが

色々、調べてみると韓国を題材にした小説が多いようで

次に読みたいなと思った本が

「徳川家康 トクチョンカガン」→徳川家康の韓国語読み

 

「禿鷹の城」の主人公(ウオンシン)が徳川家康の影武者になって・・・・

 

なかなか、面白そうな予感がします。

 

徳川家康の影武者説は以前から本の題材としてはちょこちょこありまして

私の一番のお奨めは

隆 慶一郎 著 「影武者 徳川家康」です。

文庫本で上・中・下の3巻の大作です。

 

随分と話が逸れてしまいましたがやっぱり歴史小説は面白いなと思いました。

 

ほとんどの方が「???」の内容にになってしまいました。→スイマセン

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.09.30 | 雑談 | コメントはまだありません

ペット関連商品

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

今週は最近のペット関連商品について書かせて頂きます。

 

現在、我が家では2匹の犬を飼っています。

 

そのうち1匹は15歳のおじいちゃん犬です。

随分、おじいちゃんなので足腰が弱くなり上手く歩けません。

 

写真1

こんな商品があるんですね。

コンドロイチン配合です。

製造はアースバイオケミカル(株)→大塚グループです。

 

もう一つはこれです。

写真2

介護食です。

 

我が家の犬はまだ食欲があるので使用していませんが万が一の為に購入しました。

ラクトフェリン、ビフィズス菌、ミルクオリゴ糖などが配合されています。

森永乳業グループで森乳サンワールドの製造です。

 

ペット関連商品は種類が本当に多くてビックリしました。

 

同時に国内の有名メーカー関連の会社がこっそり製造していることにも驚かされました。

 

いつか機会があればペットのスイミングなどのサービスについて書きたいと思います。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.09.16 | 雑談 | コメントはまだありません

芥川賞

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は最近、話題の「芥川賞」について書かせて頂きます。

 

今年の受賞作はみなさん、ご存知の

お笑い芸人ピース 又吉さんの「火花」でした。

 

そして、ダブル受賞の影響でしょうか、もう一人の受賞者羽田圭介さんも

クローズアップされていますね。

 

この羽田さん、テレビで見ていて面白い人だなぁと思っていましたが

やっぱりスゴイ人でした。

 

芥川賞は今回が初受賞ですが以前にもノミネートされていました。

 

第151回と第142回の2回です。

 

ちなみにノミネート回数でしたら戌井昭人さんという人も凄くて

第151、149、147、145、141回→ここまで数えて止めました。

 

羽田さん、戌井さんの作品は読んだことが無いので本屋さんに

行ってみようと思いました。

 

話は少し変わりますが

又吉さんの火花の単行本発行部数は既に200万部オーバーでして

芥川賞受賞作としては単行本累計部数トップだそうです。

 

みなさんも聞いたことがあるかも知れませんが

村上龍 「限りなく透明に近いブルー」が単行本131万部だそうです。

(こちらは第75回芥川賞作品です。)

 

いかに又吉さんの火花の売れ行きが凄いかお分かりだと思います。

次回作にも期待が高まりますね。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2015.09.09 | 雑談 | コメントはまだありません

1 / 212

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)