ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

段取り八分

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

新店舗の打合せ等が立て込んで本当に忙しいです。

先々週の現場はこんな感じです。

今月の下旬には引き渡しなので壁紙や床の選定を

今週には決定しなければならずてんてこ舞いです。

 

また、保健所に提出する数々の書類の作成、

購入する調剤台や分包機の見積り等、

今月は更に忙しくなる見込みです。

 

みなさんが独立開業される時は

時間に余裕を持って作業をされるとは思いますが

それでも、慣れない作業なのできっと大変だと思います。

 

ただ、ご自分のお店なのでスタートラインに立てた時(薬局の完成)の喜びは

今まで味わったことがないほど大きいものになると思います。

 

同時に「ちゃんとやれるだろうか?」と不安に思うことでしょう。

 

その不安を取り除く言葉をご紹介します。

 

昔、サラリーマンとして働いていた時の上司に

段取り八分」という言葉を教えていただきました。

 

「段取り=準備」と解釈していますが

「準備で結果の8割が決まる」という教えです。

 

確かにその通りだと今までの経験上、断言できます。

 

準備を怠るとオープン初日からトラブルの連続です。

例えば、レセコンや分包機の操作に慣れないまま

オープンを迎えた店舗では患者さんにお薬を渡すまで30分以上かかったことがあります。

 

患者さんのウンザリした顔が今でも頭に浮かびます。

(患者さんから、かなり厳しい言葉もいただきました。)

 

残りの2割は何でしょうか?

 

個人的には「現場での判断」だと思います。

 

想像してみてください。

 

「自動錠剤分包機が故障した!」

「患者さんで溢れかえった待合室、イライラ顔の患者さん・・・・」

 

あなたがオーナーならどうしますか?

答えはその時の状況で変わってくると思いますが

① ひたすら謝る。

② 取り敢えず車で待ってもらい薬が出来たら電話をする。(ヒートで出す。)

③ 急ぎでない患者さんは後日にする。

こんな感じで対応したことがありました。

 

出来るだけスムーズに薬局運営をする為には

やっぱり「準備万端」にしなければと改めて思いました。

 

薬局オーナーになりたい薬剤師さん、是非ご連絡ください。

 

最後までお付き合いありがとうございました。


2016.11.09 | 薬局開設 | コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)