ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

「クリニック経営セミナー」と「Lily医療ジャーナル」の宣伝です

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は宣伝を二つさせていただきます。

 

一つ目は当社とコンサルタント契約をしている

(株)MMP」さんが「クリニック経営セミナー」を開催いたします。

 

4月9日(日)

午前の部 10時~11時30分  ミッドランド税理士法人 岡崎オフィス(岡崎市です)

午後の部 13時30分~15時  岡崎セントラルホテル 2階

どちらも先着10名

お問い合わせは

info@mmpartners.info

http://www.mmpartners.info/

 

午前の部は

知らないと損をする!医療法人の話し

ハッピーリタイアメント!医療法人の事業承継

 

午後の部は

知らないと損をする!医療法人の話し

医療経営改善工夫事例のご紹介

 

お時間のある先生方、ご興味のある先生方

是非、お問い合わせお願いします。

 

もう一つは当社、稲沢FC店の大岩社長Lilly医療ジャーナルに掲載されました。

題名は「精神科医療の未来を考える」

「薬局薬剤師がすべきうつ病に対する服薬支援」です。

 

内容は急性期治療期、維持治療期、投与中止期、それぞれの時期に

薬局薬剤師がすべきことや注意事項、患者さんの状況などを

分かり易く書いてあります。

A3表裏にビッシリ?と書いてあるので読みやすいですよ。

 

お読みになりたい方は是非、リリーのMRにお問い合わせください。

 

今週は宣伝のみですが来週は私の初めての体験談を書く予定です。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2017.03.15 | 時事ニュース | コメントはまだありません

世間に許される人と許されない人の差は何?

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

舛添さんの件もやっと終わり次の都知事の候補者に話題が移ってきました。

ただ、都知事選のお金が50億円もかかるのにはビックリです。

舛添さんの贅沢を放置しても50億円はかからなかったと思いますが・・・・

やっぱり感情的には許せないということなんでしょうね。

 

ちょっと前にはタレントのベッキーさんが

不倫問題でCMやテレビ番組の降板を余儀なくされました。

 

逆に笑点で活躍中の円楽師匠は不倫報道も

笑いに変えて何となく世間は許している感じがします。

 

世間に許される人と許されない人の差は何なんでしょうか?

 

個人的には「正直に認めるかどうかの差」ではないかと思います。

 

舛添さんの場合、高額な出張費の問題が出たときに

「必要な経費」と突っぱねてしまいましたが

その時に「高額な出張費を使ってしまった」ことを認めて謝罪すれば

ここまで大きな問題にならなかったと思います。

 

ベッキーさんの場合も「ただの友人」みたいなことを言って

逃げてしまったので追及されたのではないでしょうか?

 

逆に円楽師匠は囲み取材でも正直に話したので(男の本音も含んで)

世間のバッシングがなかったのではないでしょうか?

(書いていてカールスモーキー石井さんも浮気報道があったのを思い出しました。)

 

私も言い訳やうそを言って取り繕うことはせずに

正直に罪や失敗を認めて立派な?人間になろうと思いました。

 

勿論、罪や失敗を認めるからといって浮気をしても良いわけではないことは

重々、承知しています。←本当です!

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2016.06.22 | 時事ニュース,雑談 | コメントはまだありません

お薬手帳に関する意識の変化

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

薬価改正や調剤報酬改定から約1ヶ月が経過しました。

みなさんの薬局ではどんな風に変化がありましたか?

 

今回は患者さんのお薬手帳に関する意識の変化について書かせていただきます。

 

当薬局では今までもお薬手帳の意義を患者さんに説明させていただいておりましたが

どうしても「いらない!」という患者さんもお見えでした。

ところが、テレビのニュース等で情報を得たのでしょうか?

急に「お薬手帳を作ってください。」と言われる患者さんや

よくお薬手帳を忘れていた患者さんが忘れずに持ってきてくれるようになりました。

 

個人的に思うところ、患者さんたちはお薬手帳の意義を改めて感じるように

なったわけではなく、「手帳を持っていくと安くなるから」持ってくるように

なった気がします。

 

どんな、意識で持ってきてくださるかはこの際、置いといて

折角、持ってきてくださるようになったのですから

患者さんのメリットになるように「重複投薬」や「併用禁忌」など

今まで、できなかったことに取り組んで患者さんから信頼を得るように

頑張っていきたいと思います。

 

調剤報酬改定について色々な方が色々な感想、意見をお持ちだと思いますが

決まったことはどうしようもありません。

前向きにとらえて患者さんの為に仕事をするのが一番の様な気がします。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2016.04.27 | 時事ニュース,薬局経営 | コメントはまだありません

1 / 712345...最後 »

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)