ブログ
愛知県豊田市のハーブ調剤薬局|調剤薬局誘致・薬剤師求人

ご相談・お問い合わせ

豊橋市・豊川市で薬局を経営してみませんか?

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。

 

本日はいきなり本題からです。

 

豊橋市・豊川市で薬局を経営してみませんか?

 

ちょっと突然すぎたかもしれませんが

実は先週、ある老舗の病院さんから「薬局を出して欲しい」とオファーがありました。

(私も突然のオファーで驚いています。)

 

オープンの日は決まっていますので(ここでは書けませんが・・・・)

私自身、すでにオープンに向けて動き出しています。

 

非常にラッキーだったのは近隣のテナントが(しかも安い!)が空いていましたので

早速、下見をしてきました。

馴染みの工務店とも打ち合せをしてオープンまでには内装工事は完了できるとのこと。

事務員さんの募集もハローワークに登録をしました。

 

ここまで、仕上げるのに病院さんからお話をいただいてから実質3日間。

(誰も褒めてくれないので自分で言いますが、「仕事が早い!」)

 

あとは肝心要の(かんじんかなめ)の薬剤師さんです。

 

このブログだけでは信用できないと思う薬剤師さんの心理は正常です。

是非、お電話下さい。(080-5155-1656)

 

ここでは詳しく書けませんが今回の老舗病院さん、本当に凄いんです。

何が凄いのかって、経営的には全く問題にならないほどの患者さんがお見えなのに

更に患者さんが増える仕掛けを現在、構築しているところです。

 

こんな楽しいワクワクするお話をお聞きになりたい方、お電話お待ちしています。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2017.05.24 | 薬局開設 | コメントはまだありません

おすすめのDVD「ゴッドファーザー」

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。

 

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

多くの方が今週から仕事モードのことだと思います。

 

旅行とかどうでしたか? 行かれましたか?

私はGWの期間中、ほとんど家で過ごしました。

 

事前にブックオフで時代小説を4冊購入し、

ついでに以前から欲しかったゴッドファーザーのDVDを購入しました。

 

今回、購入したDVDですが「30th anniversary 」と書いてあったんですが

このDVD2002年発売なんでしょうね?(part1は1972年公開ですから)

 

ゴッドファーザーをご存じない方のために少し説明しますね。

 

  • ゴッドファーザーpart1 1972年 アメリカ公開 主演はマーロンブラント
  • ゴッドファーザーpart2 1974年 アメリカ公開 主演はアルパチーノ(ロバートデニーロも準主役で出てます)
  • ゴッドファーザーpart3 1990年 アメリカ公開 主演はアルパチーノ

part1,2はアカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞しています。

監督はフランシスコッポラ 地獄の黙示録やコットンクラブも彼が監督です。

 

ストーリーはざっくり言うとイタリア、シチリア出身の主人公がいわゆる「マフィア」のドンとなり

ニューヨークを舞台に(その他の地域もありますが)他のマフィアとの抗争を描いています。

勿論、抗争シーンばかりではありません。

「ファミリー」への愛や(ちょっと屈折していたり、ボタンの賭け違い的な所もありますが・・・)

自分の家族への愛もしっかり描かれています。

 

とにかくかっこいいので時間のある方(DVD4枚ですから)是非、ご覧になってみてください。

 

ちなみに妻は全く興味が無いようで1分も見ていません(彼女はディズニーやジブリ派なので)

 

ゆっくり、リフレッシュ出来たGWでした。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2017.05.10 | 雑談 | コメントはまだありません

成功への近道「オープン前の心構え」

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、9月オープン予定の上郷店の地鎮祭にお邪魔しました。

当日は本当に暖かくて良い天気でした。

新店舗のオーナーも神妙な顔で土地の周辺を神主さんと一緒に

お酒とお塩で清めていました。

 

私も十数年前に神妙な顔で地鎮祭を行ったことを思い出しました。

その時、思っていたことは

「ちゃんと経営していけるだろうか?」

「患者さんにご迷惑をお掛けしないだろうか?」

「従業員がちゃんと集められるか?」

かなりネガティブなことばかり考えていたと思います。

 

今思えば、あの時のネガティブシンキングが良かったと感じています。

 

私たちは不安なことを一つ一つ解決してオープンを迎えるわけですが

もし、不安なことがないままオープンすると (あまり深く考えないと)

想定外なことが起きた時の対応力に差が出ると思います。

 

例えば、オープン初日、患者さんが一度に5人も見えました。

全て初診の患者さんですから問診票を書いていただきますが

一度に5人ですから対応するスタッフはてんてこ舞いです。

その時のことを不安に思って準備すれば現場での対応は随分違うと思います。

 

他には打ち合わせの時に知らされてなかった薬が急に処方されたときはどうしましょう?

お釣りはどれ位、用意しましょうか?

 

不安なことは幾らでも出てきます。

オープン前までに多くの不安材料が出てくることが成功への近道だと思います。

 

今まで書かせていただいたことは現場(運営面)のことでしたが

経営者には経営面の不安もいっぱいあります。

「患者さんが来なかったらどうしよう?」

「運転資金が足りなくなったらどうしよう?」

「後継者は?」

不安なことだらけですがそこは経営者ですから頑張って乗り切りましょう!

 

私は分からないことがあるとすぐに知っている人に聞いちゃいます。(勿論、自分でも調べますが)

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」って言いますからね。

 

本日はネガティブシンキングについて書かせていただきましたが

これから経営者になられる予定の皆さんはどうお感じになったでしょうか?

 

最後までお付き合いありがとうございました。

2017.04.19 | 薬局経営 | コメントはまだありません

サイドバー情報

採用情報

薬剤師募集概要

ご応募・お問い合わせ

電話でお問い合わせ:0565-43-3085(平日9時~17時 担当:中出)